ハローストレージのデメリット

検討者YOさん検討者YOさん

ハローストレージのデメリットを教えて欲しい
・使い始めてから後悔したくないので、事前に情報を知っておきたい

どんなサービスにも一定のデメリットが存在するものですが、一般的にデメリットに関する情報って企業側が表にしたがらないため、見つかりにくいものです。

ハロースタッフハロースタッフ

今回はこういった悩みを解決するために、ハローストレージ情報に特化して情報発信してきた当サイトのスタッフが調査した『ハローストレージのデメリット』を解説します。

この記事では、ハローストレージデメリット』および『ハローストレージのメリット』を解説しています。

記事を読み終えると、ハローストレージのデメリットとメリットについて体系的に理解することが可能。なので利用を始めた後に後悔する確率を減らすことができます。

本記事の結論

  • 3か月以下の利用だと割高なのがデメリット
  • 4ヵ月以上の利用ならハローストレージはGood!

流し読みでも役に立つと思います。最後まで目を通してみてください。

ハローストレージのデメリットは『短期利用だと割高』な事

具体的には以下のような初期費用が割高になります。

  1. 事務手数料(月額使用料の1ヶ月分)
  2. 鍵買取料(屋内型:4,400円・屋外型:3,080円)
  3. セキュリティ登録料(屋内型のみ:1,100円)

なぜなら、上記は短期間利用でも長期利用でも金額が同じだからです。

もっとも、『短期利用だと割高』という事は、逆に言うと『長期利用なら割安』という事でもあります。

【実証済み】3か月以下の場合はハローストレージはやめておいた方が良い

物件にもよりますが、ぶっちゃけ3ヶ月以下の短期利用の場合は他社サービスと比較して割高になるので、ハローストレージはやめておいた方が良いかもしれません。

理由は上記でご説明したとおりです。

なので短期利用をお考えの場合、トランクルームの『キュラーズ』などを検討された方が吉といえるでしょう。

もちろん4ヶ月以上の利用の場合、ハローストレージをご検討いただくのが良いと思います。なぜならメリットがあるからです。

ハローストレージの主なメリット【3つある】

ハローストレージのメリット

結論、以下の3つ。

  1. 1.自宅などの近くで物件を見つけやすい【物件数が業界最多】
  2. 2.屋内・屋外タイプなど目的に応じて様々な物件形態がある
  3. 3.セキュリティがしっかりしてて安心【大手の強み】

1.自宅などの近くで物件を見つけやすい【物件数が業界最多】

ハローストレージはトランクルームサービス業界でぶっち切りの物件数を誇ります。

つまり、あなたにとって利用しやすい希望の場所で物件を見つけられる可能性が高いということです。

なお物件の検索(見積の確認)は、以下の公式サイトにて簡単に無料で行うことができます。

2.屋内・屋外タイプなど目的に応じて様々な物件タイプがある

様々な物件タイプがあるので、目的に合ったものを選びやすいのもメリットです。

  1. 屋内トランクルームタイプ
  2. 屋外コンテナタイプ
  3. バイク専用タイプ【複数タイプあり】
  4. トランクハウス24【トランクルーム専用設計】

上記のとおり。

タイプ別の詳細は以下の参考記事をどうぞ。

3.セキュリティがしっかりしてて安心【大手の強み】

こちらもメリットの一つ。詳細は以下の参考記事にまとめてあります。

まとめ:4ヵ月以上の利用ならハローストレージはGood!

ハロースタッフハロースタッフ

それでは最後に、今回の内容をまとめさせていただきます。

  • 3か月以下の短期利用だと『初期費用が割り高』なのがデメリット
  • 一方、ハローストレージには業界最大手ならではの3つのメリットあり
  • つまり4ヵ月以上の利用予定ならハローストレージを選ぶのはGood!

ちなみにお得なキャンペーン物件もあります。

人気の物件は早く埋まってしまいますので、以下をご参考いただきながら早速チェックしてみましょう。